ゆかた/こども甚平長板本染

江戸時代から続く染色技法で、国の重要無形文化財に指定されている長板本染。片面ずつ型置きをしており、裏表が異なる柄のゆかた地です。